ホーム > 革シートはなぜ傷む? 会社概要





革シートはなぜ傷む?


シートが傷む過程
一番痛みが激しい運転席シートについて解説します。
1.すれ
乗り降りの際、体がシートに擦れます。
徐々に革の塗膜が磨り減っていき、次第に革の銀面(表面)が剥き出しになり、やがて、革も磨耗し表面が毛羽立ってきます。
 

2.ひび割れ
乗り降りの際、シートに圧力がかかります。革が極度に変形し、深いしわが発生します。
浅いひび割れ 深いひび割れ
革には毎回同じところにしわができる性質があり、繰り返ししわが発生することで、塗膜が疲労し割れが生じます。
塗膜が割れたところの強度が低下し、やがて革にも割れが生じます。
乗り降り時の摩擦と、過度の変形が革シートを劣化させる最大の原因なのです。レザープロテクトコートは乗り降り時の摩擦を低減し、磨耗を押えます。また、乗り降りがスムーズになり、革の変形も軽減しますので、ひび割れも防止します。

CBSレザーインテリア
© 2004 CBS Corporation. all right reserved.
Leather Protect Coat Leather Protect Coat